top of page

BIO 

15 (3).JPG

山崎 千晶

ヴァイオリニスト、作曲家、コンサートプロデューサー

4歳より才能教育研究会にてヴァイオリンを始める。
桐朋女子高校音楽科(共学)、桐朋学園大学音楽学部卒業。
9歳より江藤俊哉、江藤アンジェラ、大下茂樹各氏に師事。

卒業後ドイツ短期留学を経て97年チェコ共和国のプラハ音楽アカデミーに留学。

イヴァン・シュトラウス氏に師事。
99年~2001年までスペイン王立セビージャ交響楽団に所属。


2002年チェコに戻り西チェコ交響楽団マリアンスケ・ラズニェに在籍。

2005年から2015年までピルゼンフィルハーモニーに在籍。


その間ウィルティオーゾ・デ・プラガ、フローレス・デ・プラガのメンバーとして
チェコ、ドイツ、スペイン、北米、南米などで演奏活動を行う。


2015年ヨーロッパ生活から帰国。

2016年チェコの古典派作曲家、ヤクブ・ヤン・リバのクリスマスミサを教会コンサート形式で日本初演。
以来毎年日本でも恒例となり、チェコ国営放送でもニュースに取り上げられた。

2017年チェコ語の「Z.ゴラ・ビブラート教本」を音楽の友社より翻訳出版。

2019年「Z.ゴラ ヴァイオリンテクニックと心得」を音楽の友社より翻訳出版。

2021年楽術出版より「シェフチークヴァイオリン教育法」電子書籍出版。

2022年欧米での演奏経験を活かし「日本の地方都市に生演奏の感動を届けよう!」をコンセプトにNPO法人「音めぐり」を設立、コンサートホールまで演奏を聴きに行く機会のない人々のために演奏を届ける活動を開始。

弦楽器を中心とする作曲、編曲も手掛け、無伴奏ヴァイオリンのための「サクラ変奏曲」、チェロ曲「音楽によるチリの旅」は欧米で演奏されている。


日本チェコ友好協会理事。

スペイン語、チェコ語、英語、ドイツ語、日本語の5か国語に堪能。



 

bottom of page