BIO 

山崎 千晶

ヴァイオリニスト、作曲家、コンサートプロデューサー

4歳より才能教育研究会にてヴァイオリンを始める。
桐朋女子高校音楽科(共学)、桐朋学園大学音楽学部卒業。

卒業後ドイツに留学、その後97年チェコ共和国のプラハ音楽アカデミーに入学。
99年から2001年までスペインの王立セビージャ交響楽団に所属。


その後チェコに戻り、2004年より西チェコ交響楽団のコンサートマスター、

その後2005年から2015年までピルゼンフィルハーモニーの

コンサートマスターを務める。


その間チェコ国内、ドイツ、スペイン、北米、南米、日本などで演奏活動を行う。

弦楽器を中心とする作曲も手がけ、ヴァイオリン独奏曲「さくら変奏曲」や

チリの友人に贈呈したチェロ曲「音楽によるチリの旅」は欧米で演奏されている。
また、日本の曲をアレンジ、作曲したCD「和響」を発売。


故江藤俊哉、江藤アンジェラ、大下茂樹、V. グラドフ、I.シュトラウスの各氏に師事。


2015年より東京在住。

 

2017年チェコの「Z.ゴラ・ビブラート教本」

2019年「Z.ゴラヴァイオリンテクニックと心得」を音楽の友社より翻訳出版,

好評を博す。

2021年楽術出版より「シェフチークヴァイオリン教育法」電子書籍出版。

チェコの古典派作曲家、J.J.リバのクリスマスミサの日本初演を2016年に成功させ、
以来毎年恒例となっている。

その他チェコ音楽祭、武蔵野芸術祭などを企画、プロデュースも行っている。


日本チェコ友好協会理事、5か国語に堪能。

音楽以外ではUEプラクティショナー、ユニシティーディレクタータイトルも持っている。